ENGLISH

MAIL

実千代鍼灸院 Michiyo Acupuncture Clinic

MENU

実千代鍼灸院TOP > Michiyo Cafe(第3回:不妊症)

Michiyo Cafe

Michiyo Cafe -院長と患者さんのホンネのおしゃべり- 第3回:不妊症

Michiyo Cafe -院長と患者さんのホンネのおしゃべり- 第3回:不妊症

不妊症で来院された八恵さん。31歳で結婚し、35歳の時、子どもが出来ないので病院で検査したところ、夫婦共異常は無いものの、ご本人が慢性甲状腺炎(橋本病)と診断されチラージンの服用を始めました。36歳からは、ご主人の上海駐在に3年間帯同。その間2回体外受精するも1回目は着床せず、2回目は採卵できず。日本帰国後、体外受精を7回されましたが一度も着床せず、ホームページを見て当院に来院されました。 八恵さん親子×実千代院長(対話は日本に帰国してからを掲載しています)

不妊症で来院された八恵さん。31歳で結婚し、35歳の時、子どもが出来ないので病院で検査したところ、夫婦共異常は無いものの、ご本人が慢性甲状腺炎(橋本病)と診断されチラージンの服用を始めました。36歳からは、ご主人の上海駐在に3年間帯同。その間2回体外受精するも1回目は着床せず、2回目は採卵できず。日本帰国後、体外受精を7回されましたが一度も着床せず、ホームページを見て当院に来院されました。 八恵さん親子×実千代院長(対話は日本に帰国してからを掲載しています)

1. 妊娠って夫婦の合意が大事なのでは?

■実千代院長(以下 実):第3回目の実千代カフェは不妊症で来院された八恵さんにお話を伺いたいと思います。宜しくお願いします。

■患者 八恵さん(以下 八):宜しくお願いします。

■実:いきなり体外受精?

■八:そうそう。日本に帰ってきて、いきなり体外受精です。はい(笑)。

■実:で、それ何回?結構してますよね?

■八:それは結構しましたよ、6~7回かな。

■実:6~7回。で、着床せず、一回も。

■八:はい、せず(笑)。それで、ここに来たんですよ。

■実:そうでしたね~。やっとここにたどり着いた。

■八:でも私、前々から鍼治療とか、東洋医学系にはすごく興味があったんですよ。

■実:うん、八恵さんは、中国とも通じてますからね。

■八:そうそう。中国行く前から結構興味があって。あったけど、なかなか一歩踏み出せてなかったんです。

■実:そうなんですね。日本では、最近のデーターでは7組に1組が不妊症らしいです。

■八:へ~。

■実:すごい事態ですね。大体この不妊症の定義ですが、「定期的な性生活を送って、特に避妊などしていないのに二年以上妊娠しない場合」っていうのなんですけどね。

■八:はい。

■実:子供欲しいと思っている夫婦で、ごく普通にいけば一年以内には80%、二年以内なら90%の確率で子どもはできるはずなんですが。うちにも不妊症の患者さんは本当に多いですね。特に八恵さんの事をHPに出してからはすごいです。

■八:不妊で検索ひっかかるんですよね。

■実:色んな疾患を出してますが、不妊症とアトピーのところはダントツに検索数が多いですね。ある時、5台のベッド全員が不妊症の人っていう時もありました。で、八恵さんは、出産してからも来てくださっていますけど、お腹の大きい妊婦さんが、5台ベッドを占めている時もあったりして。

■八:ふんふん。

■実:そこに男性の患者さんが入ってこられて(笑)、先生、ここ産婦人科ですかって言われて、いやいや違いますよっていう、そんな事もありましたね(笑)。

■八:へ~。

■実:でも、やっぱり、一番疑問に思うのは、不妊って言えば夫婦間のデリケートな問題じゃないですか。

■八:はい。

■実:それなのに、検査して、タイミング先ずやりますよね。はいダメだったら体内受精。はいダメだったら体外受精っていう風に、ものすごく機械的な感じがします。それはどうなんでしょうね。私は受けたことないから分からないですけど、結構みなさん、そのオートマティカルな感じに心が傷ついている人がすごく多いんです。実際行って受けてみてどうですか?

■八:私は、そういう話も色々聞いたりしていたので、ネットで調べてね、不妊治療について、その先生の考え方みたいな言葉を読んで、なるべく自然でって言ってる先生を選択したかな~。

■実:確かに。でも、段々進めていくうちに躍起になってこないですか?また、着床してないの?!みたいに。判定のたびにドキドキしたり。ダメだった時のこのショック感というのでしょうか。7、8回してダメだった時の精神状態はどうでしたか?

■八:精神面的には、ショックはないことはないけども、ものすごく落ち込む、ということはなかったですね。

■実:すごいよね八恵さんは。それはもうお会いした時から思ってましたけど、これ実はすごく大事なことなんですよ。もうその過程において、皆さんショック、後、経済的な問題とか、これでやられちゃいます。それとさっきも言ったように、殆んどは男性よりも女性の方が必死なんですよ。

■八:そうそうそう、必死。

■実:だから、男性にも必死になってもらわないと。2人のバランスが崩れちゃいますね。

■八:そうですよね。

■実:ですから、八恵さんのご主人が子ども欲しいことに真剣っていうのは、当たり前なんですが大切な事です。

■八:そうそう、そこがほんと一番ありがたい。後ね、親も何も言わなかったので。子供はいつやねんって。

■実:そう、両方の親共言わなかった。
いつやねんって(笑)。

■八:そうそう。

■実:それも有り難いですね~。

■八:たまにうちの自分の親、母からは時々ありましたが。たぶんこの10年間で3回ぐらい言われたかなっていうくらいです。

■実:10年で3回。言ってないのと同じですね。それは恵まれてますね。

■八:すごく恵まれてました。旦那さんの親からも一回も言われたことないから。

■実:プレッシャーが少ない。ありがたいね。

■八:それ多分ね、旦那のお姉さんも何年もかかってやっと子どもを産んだ人だったから、多分『子どもは?って聞いたらあかんよ』って言ってくれてたのと違うかなっと思って。

■実:そうかもしれないね。考えられますね。とにかく、この不妊治療の現状をみてて、医療技術は発達して良いんだけど、今は子どもって愛の結晶って言えるのかどうか(笑)

■八:そうそうそう。心の問題がね~。

■実:心の問題が置き去りにされて機械的になってる。

■八:そうなんですよ、本当はできるもんもできへんみたいなね。

■実:そう、何の結晶なん?そこがすごく問題っていうのはちょっと感じますね。皆さんの話聞いてて。

■八:はい。

■実:で、最近は細かく検査できるようになってきてるから、昔は女性だけの問題みたいな感じだったけど、もう今男性がばっちり検査できますし大変。男性不妊の専門っていうのもあって、この辺だったら神戸大学付属病院なんかはそうですね。細かく検査されて、良い面と、どうなのっていう面と…色々大変ですね。

■八:うんうんうん。

next > 【鍼灸治療での妊娠の確率は?】

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 次へ

ページトップへ戻る

  • 第1回 アトピー性皮膚炎
  • 第2回 突発性難聴
  • 第3回 不妊症
  • 第4回 シェーグレン症候群

診療時間・ご予約 ご予約は診療時間内にお願いします。 午前9:30~12:30 午後17:00~19:00 〒663-8204 西宮市高松町11-10シャトレ西宮402号 Tel.0798-66-0064 予約制

Google map アクセスマップを表示します

Written by 美麗な写真を添えた院長作の癒しの詩

Michiyo Cafe 院長と患者さんのホンネのおしゃべり

Staff Blog 当院の日常から趣味の話まで何でも!