ENGLISH

MAIL

実千代鍼灸院 Michiyo Acupuncture Clinic

MENU

実千代鍼灸院TOP > Michiyo Cafe(第1回:アトピー性皮膚炎)

Michiyo Cafe

Michiyo Cafe -院長と患者さんのホンネのおしゃべり- 第1回:アトピー性皮膚炎

Michiyo Cafe -院長と患者さんのホンネのおしゃべり- 第1回:アトピー性皮膚炎

14歳でアトピー症状が出てから、長期にわたってステロイド治療をしてきた山下さん。ステロイドの使用をやめるとリバウンドに苦しみ皮膚はジュクジュク、鱗状態になるという繰り返しにお悩みでしたが、鍼治療に出会って後は美肌へと回復。診療開始から近況に至るまでを、実千代院長と山下さんにホンネでおしゃべりしてもらいました。 山下さん×司会 副島×実千代院長

14歳でアトピー症状が出てから、長期にわたってステロイド治療をしてきた山下さん。ステロイドの使用をやめるとリバウンドに苦しみ皮膚はジュクジュク、鱗状態になるという繰り返しにお悩みでしたが、鍼治療に出会って後は美肌へと回復。診療開始から近況に至るまでを、実千代院長と山下さんにホンネでおしゃべりしてもらいました。 山下さん×司会 副島×実千代院長

アトピーの経緯 ~ステロイドを約17年間使ってきて~

■司会 副島(以下 司):
今日、司会を務めさせていただきます副島です。どうぞよろしくお願いします。この対談は、病で苦しんでおられる多くの方に、鍼灸治療のことを知って頂きたいというのが目的です。ざっくばらんに進めていきたいと思います。よろしくお願いします。

■患者 山下さん(以下 山):
よろしくお願いします。

■実千代院長(以下 実):
「実千代カフェ」は、今月からの新しい試みなんです。第1回はアトピー性皮膚炎の方を代表して、山下さん本当にお世話になります。対話形式にすると、分かりやすくなりますし・・・

■山: そうですね。

■実:悩まれている方、沢山おられますので。もっとこの東洋医学の凄いところを知ってもらえたら嬉しいです。

■山:そうですね。私も悩んでいた一人ですから。

■司:山下さんは、今年の5月に実千代鍼灸院に来られていますけれども、来られるまでの経緯や、いろいろお辛いこと等、それも含めてお話いただけますか?

■山:はい。私は、14歳のころから、アトピーがひどくなって、ステロイドを約17年間使ってきました。25歳のとき、ステロイドが怖くなって、自分で止めてしまったんです。すると、やめた途端、特に上半身、頸、顏でしたが、顏は赤くはれて、ジュクジュク状態になりました。かゆくて夜も眠れず、朝方少し眠れる状態・・・このような状態で仕方なく、仕事を辞めて家に閉じこもりになってしまいました。漢方薬、健康食品など色々試してみたのですが、ダメでした。また、29歳頃に病院で処方された薬を、化粧品代わりに使って顏も一時は治まったので、再び、仕事を始めました。

■実:29歳の時にまた使い出した薬に確かステロイドが入っていたんですね?

■山:はい。そうです。

■司:ステロイドって知らなかったんですね?

■山:そうなんです。知らずに化粧品の様にベタベタ塗っていました。実は、違う病院で診てもらうと、それはワセリンとステロイドの混合藥だと分かりました。それを31歳頃まで使いました。でも、薬を塗り続ける生活がもう嫌になり、また、使うのを止めました。すると、再び、リバウンドが起こって、体も顔もジュクジュク。またひどい状態に。

■司:はじめから教えて欲しかったですね。

■山:そうなんです。そして、そこのお医者さんが、食生活の指導で、お肉、油は良くないというので、野菜中心にして、ご飯も少量、よく噛んで食べるよう教えて頂き実行しました。でも、何年経っても顏のジュクジュク、体のかゆみが治まらないので、再び、漢方薬を飲んだりして・・・良くなったり、悪くなったりの繰り返しで、、、全く良くならないので、その漢方薬は1年で止めました。すると、ジュクジュクから、粉ふき、鱗状態になってしまったんです。

■司:ステロイドを使ったり止めたり繰り返していくうちに、肌がグチュグチュ状だったのが、乾燥した粉ふき状に変わったんですね。

■山:そうです。それで、昨年からは、体のカサカサ、かゆみと、顔(頬)のジュクジュク、粉ふき状態が良くならず、かゆくて熟睡も出来ない程になってしまって。以上が、先生に出会うまでの簡単な経緯です。

■実:とにかく、繰り返しですね。食事を野菜中心に変えても良くならなかったと。

■山:はい、そうです。もう、何をしてもいっこうに良くならなかったです。

ページトップへ戻る

食事について

■司:今日はカフェですのでデザートでも食べながら。

■実:遠慮なくどうぞどうぞ、最近は甘い物食べてますか?

■山:はい。前は、気を使いながら食べていたんですけど、もぅ今は、もぅ、なんでもたべるようにしています。実千代先生が何でも美味しいと思って食べたらいいって言われたので。

■司:何か罪悪感じながら食べるとね、美味しくなくなりますもんね。

■山:そうですね。

■実:色々言われてきましたか?これ食べたらアトピーに悪いとか・・

■山:病院でも言われましたね。だから、お肉を食べたらダメとか、ジクジクになっている時は特に。

■実:病気によっては色んな制限があって大変ですね。油物やチョコレート、ピーナッツなどの食べ過ぎは熱化してくるので良くないですが。特にアトピーの人は制限が多くてかわいそうです。確かに、既にその辺は制限をされていますので敢えて言いませんでした。

■山:だから、食べ物には、気を使ってきましたね。

■実:特に食に関しては美味しく食べるということが大事だと思いますね。美味しいなっていう感覚があって血肉になるように思います。

■山:だからもぅ、甘い物も、あの、控えていたんですけど、食べるようになりました。

■実:食養生もその人に応じてアドバイスしないと難しい部分がありますね。

■山:そうですね。お陰様で食に関してストレスがなくなりましたね。それに今までは、いつも漢方薬でお腹が一杯になっていました。25歳から9種類の漢方薬を朝昼晩飲んでましたので。

■司:9種類を?!朝昼晩。

■山:一応脈だけは診てくれて処方されるんですが・・・これってどうなんだろうと。

■実:ちょっと疑いながらも飲んでたと。

■山:そうです。でも、全然、変わりがなかったと思うんですね。やっぱり、今思ったんですけど、鍼をすることによって、やっぱり巡りも良くなるし、この前写真(初診時の写真と数ヶ月後の写真)を見せて頂いたようにすごく綺麗になってて驚きました。

■実:うん。ビックリでしたね。

■山:ビックリしましたね。あのように綺麗に変化するとは思わなかったです。

next > 【アトピーって何が原因?】

ページトップへ戻る

  • 第1回 アトピー性皮膚炎
  • 第2回 突発性難聴
  • 第3回 不妊症
  • 第4回 シェーグレン症候群

診療時間・ご予約 ご予約は診療時間内にお願いします。 午前9:30~12:30 午後17:00~19:00 〒663-8204 西宮市高松町11-10シャトレ西宮402号 Tel.0798-66-0064 予約制

Google map アクセスマップを表示します

Written by 美麗な写真を添えた院長作の癒しの詩

Michiyo Cafe 院長と患者さんのホンネのおしゃべり

Staff Blog 当院の日常から趣味の話まで何でも!