実千代鍼灸院TOP > 院長のブログ

院長のブログ 実千代院長の最新ブログ

2018年09月12日(水)

2.「疲労感」 [ミニ症例]


40代女性。10年前からストレス過多。その後、台風が発生すると頭が上げられず数日寝たきりになる。更に人間関係のトラブルから、体が動かず涙ばかり出るようになり約2年間休職する。職場復帰したものの、自宅に帰るとぐったりして何も出来ない状態で来院。
その他、ふらつき、むくみ、寝付きが悪く、暑い時も無汗。頻尿、夜間尿。月経前は眠れない。

体表観察情報から、下半身の弱りと、心下部の停滞から、上下の気血の巡りが悪いための疲労感と考え、右「申脈穴」に置鍼。
鍼後、疲労感が増して心下部が詰まってきたものの、下痢をして後スッキリする。ふらつきと過剰な食欲も無くなり2診目の治療(申脈)以降、身体が軽くなる。その後、三陰交、後渓、神門の何れかの穴を使用。
現在14診目で、先日の大型台風時も動ける様になり、背中に汗もかける様になる。心下部の痞えが取れる事によって全身の気血が巡り出し、浮腫み等が徐々に改善。

「気が付けば 大型台風何のその
貴女の顔は大晴天」by 実千代