実千代鍼灸院TOP > 院長のブログ

院長のブログ 実千代院長の最新ブログ

2018年09月01日(土)

溺れそうな程の薬の量。。。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

最近空を見上げる事が多くなりました。変化変化の連続。



今日も患者さんのお薬手帳を拝見して、思わず「ん⁇」です。大量かつ、長期間にわたる投薬に本当に疑問を感じます。

16年前まで、2週間しか薬は出せませんでした。それが今は、原則無制限になりました。何という事でしょうか。。。

抗生物質も3日だったのに1ヶ月も出してる医者があります。

日本は薬という薬が氾濫しています。国民皆保険制度がそうさせてるのですが、根底には商業主義があるのでしょう。

本当に患者さんの事を真剣に考えたら闇雲に薬は出せないはずです。様子を見ながら慎重に使って欲しいです。因みに私の知り合いのお医者さんは、薬を少なく出す医者を信用せよと言われてます。

本来、生き物の体の中には自然治癒力が備わってます。それも驚く程の力です。その治癒力の邪魔にならない程度に薬を用いなくちゃ。

欧米では、薬を一時的に中止して、腎臓機能を回復させるという試みで、多くの患者さんを救っている病院がありました。

また、西洋医でも「それはストレスです」とよく言われるようになり、精神から体に不調が出る場合がかなり多いです。だからこそ、思い切って生活習慣を見直す事こそ重要です。

先日、秋田犬が人気過多で触られ過ぎの為、体調不良、攻撃的になってるので自粛して下さいと言われてました。

動物でもストレス過多は健康を損ない本来の可愛さやその犬らしさから離れていってしまいます。

本当の健康とは何かという事をもう一度一人一人が考えていく時ではないでしょうか。