実千代鍼灸院TOP > 院長のブログ

院長のブログ 実千代院長の最新ブログ

2012年12月05日

Vol.113治りにくい風邪

最近、本当に沢山の患者さんが風邪を引いたんですと来られる。
以前、師匠から「風邪で来院してもらってこそ一人前だぞ」と言われた事があった。治せたら一人前と思い直しながらも、鍼灸で風邪が治る事を信じて来てくださり嬉しい限り。

一言で風邪と言っても、本当に色んな症状があるもの。最近多いのは、発熱、咳が止まらない人、喉が痛い人、突然声が出なくなる人、下痢や嘔吐の人。鼻水が止まらない人等々バリエーションは様々。色んな症状があるということは、ひとりひとりの体質や今の身体の状況が違うからで、当然治療方法も違ってくる。

ともかく来院される患者さんが口を揃えて言われることは、「先生、風邪ひいてるのに食欲全く落ちないんですよす~」と。専門的な話はさておいて、簡単に言えば風邪が入って食欲があるというのは、まだ風邪が浅い段階にあるということで治りやすいはず。なのに?

そこで、私がそのような患者さんの略全員に言う言葉は、「この風邪、今お肉や食べ過ぎしたら益々治りませんよ~」という事。
実際、患者さんでもある友人が、この風邪治らないのは栄養失調だから!(?)と言ってお肉のフルコースを食した。案の定、酷い咳が止まらず悪化し寝込む羽目に。

今私の所に来られている患者さんを診察すれば、その多くは身体の中に熱を溜め込んでいる人で、寒気は初めだけ、体熱いといわれ、喉を診ても真っ赤っか。
このような熱性に偏った風邪に、肉、油、チーズ、チョコ、お餅、ニンニクなどを頑張って食べていると、風邪は治りにくくなるのに・・・・これは常識と思っていたのはこちらだけだったようで。

最近読んだ、東洋医学のバイブル『黄帝内経』の「熱論篇」に、黄帝さんの中々熱病が治らないのは何故ですか?との質問に、岐伯さんが、熱が少し下がってきたときに、肉類などの消化の悪いものを食べれば余熱が残り再発します。だから多食と肉類は禁じるように、と言われている。何千年も前に。現代の食生活を黄帝と岐伯が知ればどう思うかと…
治りにくい原因は食以外にも勿論あるものの、熱性疾患の場合の多食と肉食は良くないことは明白。

現代は、運動不足、多食、ストレス過多の三拍子。どうしても身体が熱に偏りやすい。
そんな私、実はイタリアン、中華、メキシカン、イタリアンとハード外食4日連続となってしまい、現在扁桃腺が腫れて鼻水タラタラ…分かってないのは自分だったと猛省。


コラムバックナンバー

Vol.120スピード狂に鍼は効く?
2012年12月29日
Vol.119切り替えの術
2012年12月27日
Vol.118土地柄を考える
2012年12月25日
Vol.117気とのお付き合い
2012年12月19日
Vol.116心の境界線
2012年12月17日
Vol.115奔放な豚の病?
2012年12月11日
Vol.114大勝利の御一家
2012年12月08日
Vol.113治りにくい風邪
2012年12月05日
Vol.112人間観察
2012年12月03日
Vol.111動かない「気」
2012年11月30日
Vol.110歩く=精神の安定=無病
2012年11月28日
Vol.109いぶし銀のお店
2012年11月26日
Vol.108患者さんに感謝
2012年11月19日
Vol.107お誕生日に寄せて
2012年11月12日
Vol.106一流との感応
2012年10月26日
Vol.105健食の秋を
2012年10月24日
Vol.104師匠と「手当ての論」
2012年10月05日
Vol.103今を感じる心
2012年10月02日
Vol.102暴力妻と無抵抗夫
2012年09月26日
Vol.101夢を見る事
2012年09月22日
Vol.100耳漏の患者さん
2012年08月29日
Vol.99エネルギッシュ韓国ーホ・ジュン博物館へー
2012年07月23日
Vol.98師匠の鍼効果
2012年07月13日
Vol.97デリカシーについて
2012年07月10日
Vol.96スタッフの脚
2012年06月30日
Vol.95特殊能力
2012年06月23日
Vol.94師匠の手
2012年06月20日
Vol.93臨床現場で
2012年06月13日
Vol.92精神疾患を考える
2012年06月06日
Vol.91今日で200編
2012年05月22日
Vol.90新たな挑戦
2012年05月18日
Vol.89魂の救済
2012年05月16日
Vol.88暗闇の中の柔軟性
2012年05月07日
Vol.87カリスマについて
2012年04月23日
Vol.86人を育てること
2012年04月13日
Vol.85体表観察の基本は「愛」
2012年03月26日
Vol.84 「96歳万歳!」
2012年02月27日
Vol.83真剣な眼差し
2012年02月06日
Vol.82素晴らしいご夫婦
2012年01月02日

2013年以降のコラムはこちら