実千代鍼灸院TOP > 院長のブログ

院長のブログ 実千代院長の最新ブログ

2012年08月29日

Vol.100耳漏の患者さん

 先日、いつも遠方から来てくださっている若い患者さんが、「先生、耳の中が膿んで医者から薬を5日間飲んでも治らなかったら切開して膿みを出しましょうって言われたんです・・・」と来院された。
薬は5日間それも毎日11錠も服用されていた。来られた時は、両耳閉、鼻声、微熱、起き上がったときの眩暈、肌荒れ等々何とも賑やかなもの。その上、薬のせいで食欲不振甚だしく舌を見ても弱りきっていた。

体表観察をすると、脈はビンビンと強く、右の背中の脾兪胃兪辺りが腫れ上がり、足の指の胃に関係するツボに酷い熱感がみられた。
彼女は、普段から湿熱体質だったため、初回は胃腸を立てながら熱をとる治療を試みた。

胃腸(脾胃)は東洋医学でも、「後天の元気」といい身体の中心的役割を果たす。胃腸が丈夫な人はいつ迄も若くよく食べれて生命力に満ちている。

薬、それも毎日11錠も出され胃がボロボロになった彼女は、精神的にも憂鬱になり、2回目の治療時、か細い声で「先生、治りますか?」と。
「必ず良くなるから大丈夫。薬でチョットやられちゃったからもう少しの我慢ね。」とお答えした。人によって治癒にかかる時間は違うことは当然の事。

東洋医学の治療院には、西洋医学の薬でも効果が無かったり、治りませんと医者から告げられた患者さんが多く来院される。
おまけに薬づけで大事な胃腸がボロボロになった方々が・・・・

余程、鍼灸に対する確信と見立て、覚悟が無ければ、この様な患者さんの不安の一言を払い除け、治癒の方向に向かわすことは出来ない。

師匠、藤本蓮風氏の著書『数倍生きる』の中に、「(略) 医療者はよほど高潔な心持ちが必要だ。大きく動かすのはその先生のエネルギーに基づく。(略)」とある。

この患者さん、4回の治療で完治した。ただただ、師匠に感謝し精進するのみ。

コラムバックナンバー

Vol.120スピード狂に鍼は効く?
2012年12月29日
Vol.119切り替えの術
2012年12月27日
Vol.118土地柄を考える
2012年12月25日
Vol.117気とのお付き合い
2012年12月19日
Vol.116心の境界線
2012年12月17日
Vol.115奔放な豚の病?
2012年12月11日
Vol.114大勝利の御一家
2012年12月08日
Vol.113治りにくい風邪
2012年12月05日
Vol.112人間観察
2012年12月03日
Vol.111動かない「気」
2012年11月30日
Vol.110歩く=精神の安定=無病
2012年11月28日
Vol.109いぶし銀のお店
2012年11月26日
Vol.108患者さんに感謝
2012年11月19日
Vol.107お誕生日に寄せて
2012年11月12日
Vol.106一流との感応
2012年10月26日
Vol.105健食の秋を
2012年10月24日
Vol.104師匠と「手当ての論」
2012年10月05日
Vol.103今を感じる心
2012年10月02日
Vol.102暴力妻と無抵抗夫
2012年09月26日
Vol.101夢を見る事
2012年09月22日
Vol.100耳漏の患者さん
2012年08月29日
Vol.99エネルギッシュ韓国ーホ・ジュン博物館へー
2012年07月23日
Vol.98師匠の鍼効果
2012年07月13日
Vol.97デリカシーについて
2012年07月10日
Vol.96スタッフの脚
2012年06月30日
Vol.95特殊能力
2012年06月23日
Vol.94師匠の手
2012年06月20日
Vol.93臨床現場で
2012年06月13日
Vol.92精神疾患を考える
2012年06月06日
Vol.91今日で200編
2012年05月22日
Vol.90新たな挑戦
2012年05月18日
Vol.89魂の救済
2012年05月16日
Vol.88暗闇の中の柔軟性
2012年05月07日
Vol.87カリスマについて
2012年04月23日
Vol.86人を育てること
2012年04月13日
Vol.85体表観察の基本は「愛」
2012年03月26日
Vol.84 「96歳万歳!」
2012年02月27日
Vol.83真剣な眼差し
2012年02月06日
Vol.82素晴らしいご夫婦
2012年01月02日

2013年以降のコラムはこちら