実千代鍼灸院TOP > 院長のブログ

院長のブログ 実千代院長の最新ブログ

2012年07月23日

Vol.99エネルギッシュ韓国ーホ・ジュン博物館へー

先日、久しぶりに韓国へ院内スタッフと行ってきた。韓国を知り尽くす私の友人(大先輩ですが・・・)にチケットからホテルの手配まで一切お任せした上、行きたい所を全て案内して下さり、私にとっても、どれ程楽ちんなお任せ旅行だったかと感謝しきれない。

今回は初のホ・ジュン博物館に行くことを何より楽しみにしていた。

ホ・ジュンは韓国ドラマでも有名で李氏朝鮮時代、医官として宮廷に勤務し王様の侍医として活躍された人物。
隠し子として出生したホ・ジュンがあの身分差の激しい時代に、その功績を称えられた事は奇跡とも言うべきことだった。(彼が内医院であると初めて記録に登場したのは34歳)

ホ・ジュンが編纂した25巻に及ぶ『東医宝鑑』は1613年に発刊されて以来、現在も脈々と読み継がれ、2009年7月にはユネスコ世界記録遺産に登録された。快挙!
この『東医宝鑑』は国内外の約180の医学書を整理し、1212種の薬材に関する資料、4497種の処方等ホ・ジュンの臨床等もまじえ収録されている。
また、この『東医宝鑑』は、当時の庶民に分かるようにと優しい文字が使われている。どこまでも庶民を愛するホ・ジュンに魅力を感じると共に、このことを通して、ホ・ジュンが身分差ゆえに味わってきた苦闘が推察され心打たれた。
博物館に入った途端、不思議にスタッフと共にホ・ジュンに見守られ励ましを受けているような感覚になった。

その他、韓国の旅は充実しエネルギーを沢山いただいた。
食べても食べても、もたれないバランスのとれた韓国料理をはじめ、韓国の友人との10年ぶりの再会、漢方薬の聖地、祭基洞(Jegi-dong)での様々な人との出逢い等々、短期間で韓国の文化やエネルギーに思う存分触れてきた。

当初、直撃予定だった台風も何処へやら、風も無く霧雨程度で気候にも恵まれた。
帰国後の仕事の充実ぶりは言うまでもない。エネルギッシュな国、韓国にチョンマルカムサハムニダ。(本当にありがとう!)

コラムバックナンバー

Vol.120スピード狂に鍼は効く?
2012年12月29日
Vol.119切り替えの術
2012年12月27日
Vol.118土地柄を考える
2012年12月25日
Vol.117気とのお付き合い
2012年12月19日
Vol.116心の境界線
2012年12月17日
Vol.115奔放な豚の病?
2012年12月11日
Vol.114大勝利の御一家
2012年12月08日
Vol.113治りにくい風邪
2012年12月05日
Vol.112人間観察
2012年12月03日
Vol.111動かない「気」
2012年11月30日
Vol.110歩く=精神の安定=無病
2012年11月28日
Vol.109いぶし銀のお店
2012年11月26日
Vol.108患者さんに感謝
2012年11月19日
Vol.107お誕生日に寄せて
2012年11月12日
Vol.106一流との感応
2012年10月26日
Vol.105健食の秋を
2012年10月24日
Vol.104師匠と「手当ての論」
2012年10月05日
Vol.103今を感じる心
2012年10月02日
Vol.102暴力妻と無抵抗夫
2012年09月26日
Vol.101夢を見る事
2012年09月22日
Vol.100耳漏の患者さん
2012年08月29日
Vol.99エネルギッシュ韓国ーホ・ジュン博物館へー
2012年07月23日
Vol.98師匠の鍼効果
2012年07月13日
Vol.97デリカシーについて
2012年07月10日
Vol.96スタッフの脚
2012年06月30日
Vol.95特殊能力
2012年06月23日
Vol.94師匠の手
2012年06月20日
Vol.93臨床現場で
2012年06月13日
Vol.92精神疾患を考える
2012年06月06日
Vol.91今日で200編
2012年05月22日
Vol.90新たな挑戦
2012年05月18日
Vol.89魂の救済
2012年05月16日
Vol.88暗闇の中の柔軟性
2012年05月07日
Vol.87カリスマについて
2012年04月23日
Vol.86人を育てること
2012年04月13日
Vol.85体表観察の基本は「愛」
2012年03月26日
Vol.84 「96歳万歳!」
2012年02月27日
Vol.83真剣な眼差し
2012年02月06日
Vol.82素晴らしいご夫婦
2012年01月02日

2013年以降のコラムはこちら