症例

2011年02月07日(月)

アトピー性皮膚炎 [皮膚病]

東灘区在住 40歳 
主訴:アトピー性皮膚炎
初診日:平成20年9月下旬

(現病歴)
14才時から十二指腸潰瘍を繰り返していたが、30歳のころピロリ菌を除去してから潰瘍は起こらなくなった。
しかし、その後アトピーが発症し、手とまぶたの上に赤みと痒みが出たり引っ込んだりするようになる。
ステロイドで落ち着いていたが、昨年7月から顏を中心に悪化。その前年には子宮筋腫の手術を受ける。アトピーの状態は、顏が腫れあがる程かゆく少し肌汁も出るため、今年2月ごろまでの半年間はステロイドを多量に使用する。2月以降はステロイドを中止し、漢方藥の消風散を服用。胃が悪い時にはアトピーが悪化するように感じるとのこと。現在は、顏、頚、手、腰に出ている。共に胃がむかむかして食欲が減退している。

(増悪因子)湿気の多い時、梅雨、ストレスによる過食時(胃の調子が悪い時)。
(緩解因子)晴天時。

(その他の問診事項)
二便の状況:軟便、尿1日4回。
飲食:温飲を好む、油もの・甘い物を好む。
生理の状況:1年前から量が減少、生理前の過食・イライラ・便秘・ため息多。
最近入浴時間10分で疲労感。

(特記すべき体表観察)
舌診:舌先が剥けてツルツル(やや左前方)、紅色、苔が厚い、湿潤、やや力無し。
脉診:弦・滑脈。
腹診:心下・脾募の邪
ツボの状態:脾兪、太衝
血虚(貧血)の状態:眼瞼結膜の淡白、耳介淡白・爪甲淡白・爪縦筋有り。

(診断と治療方針)
証:肝鬱化火〜生風証、脾虚証

14歳から繰り返す十二指腸潰瘍など、元来胃腸が弱い(太れない)上、ストレスで肝気を更に高ぶらせ(生理前の便秘、過食、イライラ)たことにより、肝気が脾胃を押さえ、更に脾胃を弱らせている状態といえる。
散歩や入浴により疲労感が増すこと(虚)や、雨天時にだるくなること・軟便・舌の苔の厚さ(湿)やツボの状態、更に、血虚(貧血)(虚)等からも虚(弱り)と実(湿の過剰)などは察知できる。

胃がもたれるとアトピーが悪化するとの本人の訴えは、胃腸が弱いところ、食べ物が湿熱に傾くものばかり(油もの、ラーメン、ポテトチップスなど身体に入ると酸性になり湿熱邪に変化するものを好む)を摂取している為だと考える。

アトピー性皮膚炎など病名に「炎」のつくものは、熱証の疾患のため、酸性食品の摂取は病状を悪化させる。顏を中心に腫れあがる状況は、熱が上へ上がり、風をおこした状態(陽炎のようなもの)に発展したものと思われる。
しかし、痒み自体は激しくないことや、舌の潤い、白い苔が多い、温飲を欲する等を見れば熱の度合いはひどくなく、湿が勝っている状態と言える。よって身体の熱を除去しながらも脾胃の弱りを意識して治療をすすめる。


(治療配穴と結果)
1診目〜19診目まで:肝兪+外関、太白或太衝:初回の治療後風邪を引く。
20診目〜26診目まで:後谿、三陰交。
27診目〜:脊中か中枢、と必要ならば外関(中枢、脊中の外側に大きな黒ずみあり、またひどい圧痛もあり)
50診目〜:再び肝兪か後溪に戻す。脊中、中枢の圧痛が無くなったため。

週1回の治療により、アトピーは半年で完治。現在も治療継続中。
★全くアトピーが出なくなり、アトピー痕(背中の黒ずみ)も完全に綺麗になったのは60診目ごろから。(下記写真)
★治療後はかなり眠くなるため置鍼時間は、10分〜20分以内。

(養生指導)無理をしないで早く寝ること、油ものを控える、ゆっくり散歩すること。

(考察)
様々示唆に飛んだ症例といえます。鍼治療の後、非常に眠くなり、更に1診目は治療直後に風邪を引かれました。
これは、鍼により肝気が緩み寒邪(風邪)が入ったのではないかと考えます。緊張している時は風邪は引きにくいですが、ホッとして緊張が緩むと一気に風邪を引いたりするようなものです。
このような時は、肝気を一気に緩めるような治療を避け、鍼を置く時間を短くしたり、外関穴などの風邪の時に用いるツボを同時に使用するなどして加減を考えました。この事からも彼女がいかに普段から緊張状態にあるか(あったか)という事もわかります。

緊張などで肝気を高ぶらせれば、脾胃の弱りに即影響を与えます。そこへ食事は上記のように油物が多いとなれば、身体の中に湿熱を溜め込み炎症性の疾患にかかるのは簡単なことです。

熱は陽邪、湿は陰邪で、この両者は結びつきやすく湿熱という形をとります。この湿熱の体質こそ炎症や膿などの疾患を生じさせ、病を難治にしていきます。

北辰会代表、藤本蓮風先生は、著書「鍼灸医学における実践から理論へパート3」の中で、「肝と脾のアンバランス、いわゆる肝気が高ぶることによって、脾気が抑えられます。これによって、胃の気が弱ってくるわけです。これが邪気の発生を大いに促してきます。・・・そこへ持ってきて、飲食、勞倦(疲労)がやはり脾を傷めるのです。」と言われているとおりです。鍼灸治療の継続により、顏色をはじめ、肌の弾力など見違えるようにお元気になられ心から嬉しく思います。


画像(250x187)・拡大画像(640x480)

平成22年11月撮影

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

同左撮影


症例検索



カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0 powered by a-blog

[ Login ]

spモード